ユニバーサルマナー講習に行ってきました!安佐南区下祗園駅近くの美容室itto

こんにちは。itto hair平川です。

先日、ディーラーのGAMOさんであったユニバーサルマナー講習に行ってきました。

原爆ドーム、折り鶴タワーちかくです

今回の講習は美容技術ではなく、ユニバーサルマナーについて学ぶ講習でした。

簡単ですが、学習したことをお伝えします!

 

ユニバーサルマナーとは 

    自分とは違う誰かの事を思いやり、適切な理解のもと行動すること、です。

 

ユニバーサルマナーが必要な人とは、

高齢者 障害者 児童の方、だそうですが、

日本で高齢者と暮らす家庭、43%児童と暮らす家庭24%ですので、 

 半分以上の方が、必要であるといえます。

さらに高齢者の方は、障害者のニーズを統合した状態だそうです。

なので、社会がもっともっとユニバーサルデザイン

すべての人にとってのデザイン)になっていくといいですよね。

 

なかなかスロープをつける、自動ドアにするなどの設備等は変えれませんが、

ソフト面(サービス)は変えられますよね。

今回ソフト面で教えていただいた中で一番参考になったのが、

障害者の方(ユニバーサルマナーが必要な方)にお声かけするときの注意点で、

「出来る」、「できない」かを聞かない、「大丈夫❔」を聞かないで 

     「何かお手伝いできることはありませんか❔」と聞くのが良いそうです

 

確かに「出来る」「できない」だと自分でも無理して答えてしまいますよね。

さらに声かけに断られても見守ることもサポートの一つだそうです。

なるほどと感じました。

 

さらに演習問題です二問あります考えてみてくださいね

下記の写真のサポート方法をより適切にするには・・・

  第一問

正解は、階段を降りるときは車いすを後ろ向きにする、です。 

 (体が前のめりになるといけないので)

第二問

正解は、ひじや肩をつかんでもらい、サポートする方が斜め前を歩く、です。

正解はわかりましたでしょうか。言われてみれば当たり前なのに、  

  その人の立場に立たないとわからないことばかりですよね。

 

今回の講習でほんの少しだけですが、違う目線でみることができました。

 

ちなみにイットのトイレは引き戸(車いすの方にはむつかしい)で

幅65センチ(幅は80センチ以上が望ましい)でした。

席と通路は80センチありました。

しかしシャンプー台には16センチの段差(水道設備のため)がありました。( ゚Д゚)

 

今回の講習で自分とは別の視点で少しでも見れるよう、            

もう少し勉強したいと思いました。(*^-^*)

 

ご覧いただきありがとうございました!